【小学校全学年向け】消(き)えるインクの文字をこすらずに消(け)してみよう!

color_pen

かんたんに1日で実験(じっけん)できる自由研究を紹介(しょうかい)します。

こすると文字が消(き)えるインクのペンってありますよね。
フリクションペンとよばれているものです。

今回はこのインクをこすらずに消(け)せる方法(ほうほう)をさがしてみましょう。

スポンサーリンク





消(き)えるインクの文字をこすらずに消(け)してみよう!

準備(じゅんび)するもの

 フリクションペン、もしくはフリクションボールペン

 紙(かみ)

実験準備(じっけんじゅんび)

➀ 紙(かみ)にフリクションペンで文字をかく
  わかりやすいように太(ふと)くかきましょう

実験方法(じっけんほうほう)

温度(おんど)に関係(かんけい)するもので実験(じっけん)してみましょう
たとえば、以下(いか)のようなものをためしてみましょう

  • 日光(にっこう)に当てる
  • 風とおしのよいばしょにおく
  • 熱(あつ)いのみもののカップにひっつける
  • ドライヤーのあたたかい風・つめたい風を当てる
  • コンクリートの上におく
  • 冷蔵庫(れいぞうこ)に入れる
  • 冷凍庫(れいとうこ)に入れる

なぜインクはこすると消(き)えるの?

フリクションペンのインクをこすると消(き)えてしまうのはなぜでしょうか。

じつは温度(おんど)が上がると透明(とうめい)になるインクだからです。

摩擦熱(まさつねつ)で温度(おんど)を60℃以上(いじょう)にするとインクが透明(とうめい)になり、文字が消(き)えたように見える、ということです。

消(き)えた文字がふっかつする!?
透明(とうめい)になったインクですが、温度(おんど)がマイナス10℃~20℃になるとインクの色(いろ)がふっかつします。
ドライヤーであたためて文字を消(け)し、冷凍庫(れいとうこ)に1時間ほど入れてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フリクションペンでかいた文字は温度(おんど)が高(たか)いと消(き)えてしまうので、車の中にメモを置(お)き忘(わす)れないよう注意(ちゅうい)してください。
もし消(き)えてしまった場合(ばあい)は、ぬらさないようにして冷凍庫(れいとうこ)に入れましょう。

スポンサーリンク