【小学校中学年向け】水とコップで作る簡単な楽器の工作!

今回はコップと水を使った楽器の工作を紹介します

作った楽器で、演奏してみるとおもしろいと思いますよ

簡単に作れるので、今年の夏の自由研究に活かしてください!

スポンサーリンク


対象学年

小学3年生、4年生

用意するもの

  • 同じ種類のコップを7つ
  • 様々な種類の棒
  • 計り
  • ドレミファソラシドを出せる楽器(リコーダーやピアノなど)

まとめ方

 完成するまでのつくりかたをまとめよう
 つくっている過程の試行錯誤を説明しよう
 水の量と音の関係を記録しよう



作り方

    1. コップに水を適当に入れ、棒でたたいて音を聞いてみよう
    2. 楽器でドの音を聞いて、コップの音がその音になるように水の量を調節しよう
      ポイント!
      水の量を増やしたら音が低くなり、減らしたら高くなるよ!
      水と音の高さの関係を考えながら水の量をかえよう
    3. コップがドの音になったら、その時のコップの重さを測りではかろう
      ポイント!
      測ることで、水の量と音の高さの関係を調べることができるよ
      関係をうまくまとめよう!
    4. ほかの音がでるコップも作っていき、ドレミファソラシドが出せるコップを作ろう
      ポイント!
      コップの材料や大きさによっては、ドレミファソラシドの範囲のコップを作れないことがある
      その時は、別のコップや容器に変えたり、何か物を入れたりするなどの、試行錯誤をしよう!
    5. 完成したら、簡単な曲を演奏してみよう

水の量で音が変わる理由

どうして水の量で音が変わるのでしょうか?
それを知るには、音がどうやってできるのかを知らなければなりません

音が聞こえる理由

私たちは振動が耳に伝わると音を感じます
例えば、この実験で音が聞こえるのは次のように振動が伝わるからです

    1. まず、コップを棒でたたくとコップが振動します
    2. コップの振動が周りの空気に伝わります
    3. 周りの空気の振動が耳に伝えて音が聞こえます

コップ⇒空気⇒耳という流れで振動が伝わるわけです

では音の高さはどう決まるのでしょうか?
それは振動の速さ(回数)によって決まります
これを周波数といいます

たくさん振動するほど、つまり周波数が高いほど、
音は高くなり、逆に周波数が低いほど音は低くなります

水の量で音が変わる理由

音のできかたが分かれば、
水の量で音が変わる理由もわかります

実験では水の量を増やしたら、音が低くなりました
つまり振動の数が減っているという事です

コップに水を入れてコップをたたくとき、
コップの水にも振動が伝わります
この水に振動が邪魔されて、振動が伝わりづらくなるから
音が低くなるのです

水の量が多くなるほど、振動が邪魔されて音が低くなるから、
水の量で音階を作ることができるわけです

これが水の量で音が変わる理由です

まとめ

コップと水を使った楽器の工作を紹介しました
音の高さが変わる理由までまとめると自由研究らしくなります

コップや棒の種類やサイズを変えれば、音の高さや音色も変わります
気に入るような組み合わせを作れるように、いろいろ試してみてくださいね!

スポンサーリンク